books-1283866_640

これまで試験勉強で頑張ってきたけど、
年齢も20代後半、社会人としてのキャリアを考えると、
そろそろ就職しないといけないんじゃないか・・・


20代後半という年齢で資格試験に挫折した場合、
「就職」という二文字が頭に浮かびますよね。


しかし、資格試験に挫折した場合、
民間企業へ就職する事はできるのでしょうか?

この問いについて、以下の記事でまとめてみました。

資格試験を挫折しても就職することは可能です。


基本的に、20代後半という年齢であれば、
資格試験に挫折したとしても就職は可能です。

ハローワークや就職サイトを利用したり、
フリーターから正社員になったり、
あるいは縁故で仕事を貰うなどの道があると思います。


僕の友人で公認会計士試験に挫折した人がいるのですが、
彼の場合、27歳という年齢で就職活動を初め、
わずか3ヶ月間で今の職場から内定を頂いた人がいます。

僕自身も、彼と同じく27歳という年齢で就職をしており、
その事について一度話したことがあるのですが、
彼いわく、資格試験に挫折した人が就活を行う場合、

・挫折した資格試験には未練はないとハッキリ伝える
・その資格試験を目指した理由を答えられるようにする
・面接官から条文を聞かれてもある程度は答えられるようにする


この辺りがポイントになるそうです。


企業の中には、資格試験で培った忍耐力や継続力を
評価してくれた面接官の方もいたみたいですね。


また、民間企業へ就職した後に、
公認会計士試験に再挑戦して無事合格した人や、
下位の資格である税理士試験で花を咲かせた人など、
一度、社会人として2〜3年働いた後で、
20代で勉強していた分野で成功する人もいるみたいです。

資格試験挫折者が20代後半のうちに就職する方法とは?


一方で、自分が勉強した分野の専門職への就職
社会人経験がない場合、かなり厳しくなってくるそうです。


彼の場合、公認会計士試験を目指していた事もあって、
かつては会計事務所への就職を希望していたそうですが、
現実はなかなか厳しかったとのこと。

こうした会計事務所は、会計士試験の挫折者の多くが
就職を希望するため、競争率が非常に激しいそうです。


また、彼の知人に司法試験の挫折者がいるようで、
資格試験で習得した法律の知識を活かして
不動産関連企業の法務職への就職を目指したそうですが、
別に社会人経験のある応募者がいて、通らなかったのだとか。

もちろん、中には資格試験で得た知識を活かした業界に
就職する方も少なからず居るとは思うのですが、
こうした分野への就職はかなり厳しくなってくると思います。


では彼はどうしたかというと、
民間企業が運営している就職サイトに登録し、
担当のキャリアアドバイザーの方と共に
就職活動を進めていったのだとか。

あなたはこれまで、いい就職.comやジェイック、
ハタラクティブといった就職サイトの名前
一度でも聞いた事があるでしょうか?

※参照:20代後半でも使える就職サイトまとめ

ご存知でない場合は、一度上の記事を見てみて下さい。


僕自身、リンク先の就職サイトを上手く活用して、
今の勤め先から内定を獲得しているのですが、
これらのサイトを僕が知ったキッカケは、
実は、この彼に教えてもらったからなのです。

これらの就職サイトは使える年代が20代に限られており、
30代に入ると基本的に利用する事が出来ません。


しかし、20代後半であれば資格試験に挫折したとしても、
こうした就職サイトを複数、上手く活用すれば、
民間企業への正社員としての就職は十分可能です。


あなたがもし、資格試験に挫折してしまったとしても、
20代であれば就職する事は不可能ではありません。

この事実を、今後の進路を考える過程で、
考慮に入れて頂ければと思います。


27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ