bsOJS_syuukatunitukaretadansei

大学卒業後、既卒としていまだに就活が決まらず、
不安が大きくなっていませんか?



もう何から初めていいか全くわからず、
就活を進める一歩も踏み出せない・・・


という事もあるかもしれません。


この記事では、既卒として就活を行い
27歳で就職できた僕の体験談を踏まえながら
就活に不安を抱える方への助言をまとめてみました。

27歳、既卒で就職できた僕の体験談


僕も、大学在学中は就活が決まらず
既卒としての就職活動を行いました。

在学中は、将来が不安で仕方がなかったですし、
その後の2年間のニート時代では、
自分の人生はもう終わりだと思っていました。


さすがにニート生活にも飽きてきて、
既卒という立場で就活を再開した時も
自分なんかが就職できるんだろうか…
といった事をしょっちゅう思っていましたね。


詳細は以下の記事を見ていただきたいのですが、
僕は子供の時から病気がちな経歴もあって、
社会に出てきちんと働けるというイメージが
昔からなかなか付かなかったんですよね。

※参照:27歳の既卒ニートが第一志望の企業の内定を勝ち取った物語


しかし、そんな不安を抱えた僕でも今では
既卒から正社員になる事ができています。

27歳という年齢の、はじめての就職でした。


これが、僕の既卒就活の一連の体験談なのですが、
一体なぜ、既卒、ニート、20代後半、病気持ち、
といった経歴から就職が出来たのでしょう。


それは、ここ数年の既卒就活の変化にありました。

不安にならなくても大丈夫!明るいニュースも


実は、ここ数年の既卒就活は
一昔前に比べだいぶ楽になっているのです。


例えばこちらの毎日新聞の記事を見てみて下さい。


FireShot_Capture_73_-_就活力:採用増、既卒者に追い風_-___-_http___mainichi_jp_articles_20150824_ddm_013_100_011000c
※参照:採用増、既卒者に追い風



この記事のように、中小、ベンチャーを中心に
既卒者を採用する企業が少しずつ増加しているんです。



また、日本の経済団体の1つである経済同友会
既卒者を新卒扱いで採用するようにと、
企業に呼びかけるといった動きを見せています。


FireShot_Capture_74_-_経済同友会が提言“新卒・既卒ワンプール”__-_http___www_nikkan-gendai_com_articles_view_life_180172
※参照:経済同友会が提言“新卒・既卒ワンプール” 企業の本気度は


この呼びかけにはこれといった強制力はないものの、
日本の企業経営者が参加する経済同友会の提言は
少なくない数の企業に何かしらの影響を与えている
可能性はあると考えるのが妥当でしょう。




大手企業もこうした動きに反応しています。


例えば、大手人材紹介会社のリクルートは昨年、
30歳以下であれば既卒者でも応募可能と言った
新しい採用の形を打ち出して話題を集めました。


FireShot_Capture_72_-_リクルートの採用革命が話題_「30歳以下なら既卒OK」「面接でのスーツ禁止」「入社__-_http___getnews_jp_archives_985629
※参照:リクルートの採用革命が話題 「30歳以下なら既卒OK」「面接でのスーツ禁止」「入社後の副業も可」



僕は昨年、既卒として就活を進めていく中で
こうした既卒に対する世の中の見方を知ることで

もしかしたら既卒でも就職できる!?

といった事を考えられるようになり、
抱いていた不安が和らいだ覚えがあります。

既卒就活に不安を感じないためにすべき行動とは?


とは言え、いくら既卒の就活が
以前と比べると楽になっているからと言って、
何の努力もしない就活生が採用される事はありません。


正社員を目指して就職活動をする以上、
自己分析や企業研究、履歴書の作成や
面接の受け方といった必要な対策を
事前にしっかりと行う必要があるからです。


また、そもそも就活の第一歩が踏み出せないとか、
具体的に何から始めればいいかが分からず、
依然として不安を感じている方も居ると思います。


実際、僕も昨年は不安だらけの状態でした。


そこで僕が行ったのは、
既卒 就活」といった言葉で検索した結果
表示された既卒でも使える就職サイトに登録したこと。

そして、専任のキャリアアドバイザーの方に
就活のやり方を聞きに相談しに行った事でした、

※参照:既卒就活に不安を感じたら使いたい就職サイトまとめ


この決断が、ホントに大当たり。

家族や友達には話しにくい就活の話を
アドバイザーの方はきちんと聞いてくれ、
僕に合ったアドバイスも提案してくれました。


実際、相談した方も既卒就活の経験があったので、
とても話しやすく、僕が抱えていた不安も
たちまち解消できたのを今でも覚えています。

これ以外には、ハローワークにも行ってみたのですが、
残念ながら担当の職員の方の相性が合わず、
それ以降、ハロワを利用する事は無かったですね^^;


もちろんハロワについては運が悪かっただけなので、
↓↓の就職サイトと同時並行で活用しながら、
就職先の選択肢を広げるのがいいと思います。


また、こうした就職サイトを利用する事で、
自己分析や企業研究、履歴書の作成や
面接の受け方といった必要な対策を無料で
基本的なことから教えてくれる事もあります。


僕自身、こうした就活で必要なことを
以下の就職サイトを利用する事で身に付け、
今の職場から内定をいただく事に成功しています。


ですので、とりあえず以下のサイトに登録すれば、
既卒という立場に不安を感じることは
かなりの部分で無くなってくると思いますよ。

27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ