s_jaicgazou


こんにちは。まさてぃんです。

ジェイック営業カレッジ5日目かつ
飛び込み営業初日の体験談をご紹介します。


飛び込み営業初日の流れなど、
営業カレッジ5日目に行う事をまとめてみました。


なお、4日目の体験談は以下をご覧下さい。

※参照:ジェイック営業カレッジ4日目の体験談を元参加者が大暴露!

飛び込み営業は初日の午前中はペアで回る


ジェイック営業カレッジでは5日目と6日目に
飛び込み営業が2日間にわたって行われます。

結論から言うと、飛び込み営業初日の午前中ですが、
事前に参加者同士で決めておいた2組のペアで
訪問先の企業を回るといったシステムになっています。


僕は新宿御苑にあるオフィスを訪れていました。


そして営業カレッジ5日目の具体的な流れですが、
まず、ジェイックの新宿オフィスに集合して、
ジェイックの社員さんから激励(?)を受けた後で、
担当する地域(僕の場合は新宿御苑でした)へ移動します。

ちなみに、僕の同期の参加者の中には、
新宿駅周辺や市ヶ谷で飛び込みをした人もいました。


新宿御苑に着いたら、後は飛び込んでいくだけです。

飛び込み営業初日は、ペアで回っていた事もあって、
相手先の反応にビビったりするのはあまり無かったですね。


ただやはり、売るのは難しい。


戸口で門前払いをされるのは当たり前ですし、
せっかく話を聞いてくれた人であっても、
こちらの商品を買ってくれるところか、
名刺さえ貰えないケースが大半です。

午前中は、最終的に1件売れたものの、
「これだけ売るのが難しいとは・・・」
といった事を思わずにはいられませんでした。

営業カレッジ5日目、飛び込み営業初日の午後の結果は?


営業カレッジ5日目も正午になると、ペアを解消し、
後は自分1人で担当する地域を回る事になります。

ジェイック側から貰える地図をもとに、
他の参加者と予め決めておいた自分の担当する地域を
くまなく回って飛び込んでいくといった感じです。


僕は新宿御苑の北東の部分の担当だったのですが、
この日は販売件数0件という結果に終わりました。

何せペアを解消した後なので、
オフィスのドアをノックする際、
必要以上にビビってしまったのがこの原因だったのかなと。


しかも、僕の期の営業カレッジ5日目の午後は、
天気予報でも知らされていなかった雷雨に見舞われた事もあって、
雨宿りに時間を費やさざるを得なかった側面もあり、
事前に決めておいた目標訪問件数にすら到達できませんでした。


その後、ある程度雨が上がった際、
訪問先の企業のおばちゃんが傘をくれた時には、
思いがけない優しさに、心が動かされたのを覚えています。


>>ジェイック営業カレッジの詳細はこちらから<<

飛び込み営業のペナルティと営業カレッジ5日目の振り返り


また、この飛び込み営業ですが、
4時半までにジェイックの新宿ビルに帰社しないと、
その時点でペナルティを受けるハメになってしまいます。


ジェイックから与えられるこの「ペナルティ」ですが、
3つ集まるとレッドカード扱いになり、
その時点で営業カレッジを退学させられる
んですよね。汗


僕の同期にも、
飛び込み営業初日の帰社時間が5時前だった事で、
ペナルティを1つ受けた参加者もいました。

ですので、
営業カレッジの飛び込み営業を終える時間として
3時半頃には担当地域から引き上げる準備をしないと、
後々やっかいな事になる可能性があります。


飛び込み営業初日を終え帰社した後は、
営業カレッジ5日目の振り返りを行うのですが、
その中で、本日の参加者の結果を公表が行われます。

全参加者の訪問件数、名刺獲得数、
そして販売件数が全て明らかになる訳ですね。


僕の結果は、全参加者の中で一番悪かったので、
同期の結果を見て、かなりショックを受けました(苦笑)

ただ、個別に詰められる事は一切無かったので、
これについてはかなりホッとしましたが(笑)


その後、
なぜこの結果だったのかを考えろ
という事を参加者全員に向けて
ジェイックの社員さんが促す形式になっています。


同期者の結果も人それぞれで、全く売れない人もいれば、
中には1日で5件売ってくる人もいました。

また、商品自体が全く売れなくても、
名刺を複数枚もらってくる人もいます。


そして最後に、営業カレッジ6日目に行われる、
飛び込み営業2日目の目標を考える時間が個別に与えられ、
営業カレッジ5日目、つまり飛び込み営業初日は終了です。


>>ジェイック営業カレッジの詳細はこちらから<<

この記事のまとめ


ジェイック営業カレッジで5日目に行われる
飛び込み営業初日の体験談についてご紹介しました。

5日目の飛び込み営業初日では、
午前中では二人一組のペアを作って周り、
午後では1人で企業を訪問する形になります。


飛び込み営業の参加者の傾向としては、
僕みたいに全く売れない人もいれば、
どんどん売ってくる人もいるなど、
人によってマチマチですね。

ただ、飛び込み営業で全く売れないとしても、
その後の選考に影響がある訳ではないので、
その点については心配は不要です。


気になる、ジェイック営業カレッジ6日目こと
飛び込み2日目の体験談は以下の記事からどうぞ。

※参照:ジェイック営業カレッジの6日目の体験談を解説!



※追記:2019年7月2日
ジェイックが主催する「営業カレッジ」ですが、
現在では「就職カレッジ」という名称に変更されています。

ビジネスマナーについての研修は引き続き行っているそうですが、
期間は2週間→1週間に短縮。
以前は「飛び込み営業」を行っていた事でも有名でしたが、
現在ではこれは行っておらず、「飛び込み実習」といった形で
企業にアンケート調査に協力してもらうといった形になっています。

「飛び込み営業やるのは抵抗あるな…」
といった方にとっては、
心の負担はかなり減ると思うので、
前と比べると参加のハードルは低くなってると思いますよ。

>>ジェイックの詳細をまずチェックしてみる<<