こんにちは。まさてぃんです。


僕は新卒での就職活動に失敗し、
2年程のニート期間を経験しました。


しかし、27歳のときに意を決して
就職活動を再開する事を決意し、
紆余曲折を経て、何とか第一志望の企業の
内定を勝ち取ることが出来ました。


当ブログでは、そんな僕の経験から
20代後半の既卒ニートが就職活動で
内定を勝ち取る方法を綴っています。


今回解説するテーマは
既卒の就職は厳しいのか?
という事についてです。


この事については、僕自身も
かなり悩んできたことなのですが、
実際のところはどうなのでしょうか。

このテーマについて、
僕の感じていることや経験談を
わかりやすくまとめてみました。

既卒の就職は厳しいのか?具体的な「戦い方」を解説!


既卒の就職は厳しいのではないか。
このようにお考えの方は多いと思います。
(そして、僕自身も実際感じていました)


ただ、既卒の場合は既卒ならではの
戦い方」があることも事実です。

その具体的な打開策として
まず、1つ目にご紹介したいのが
以下の既卒専門の就職サイトです。


・いい就職.com
・ジェイック(JAIC)
・ハタラクティブ
・第二新卒エージェントneo
・ウズキャリ第二新卒




(僕はいい就職.comを通して内定を獲得しました)


こうした就職サイトは、新卒ではなく
既卒者に特化した就職支援サービスを
打ち出しているのが特徴であり、
これらを上手く使うことによって、
既卒でも、就職することが可能となります。


「既卒の就職=厳しい」
このように感じることはありません。

実際に僕自身も、一番上の
「いい就職.com」を活用して、
第一志望の企業に就職することに
無事、成功しています。

また、僕が入った会社の先輩方も
こうした既卒者専門のサイトを通して
入社した方が10名以上在籍されています。


僕は新卒での就職活動に失敗し、
その後2年間のニート生活を送っていたのですが
もし、こうした就職サイトを知っていれば
「もっと早くに就職できたのに!」
なんて事を、いざ内定を頂いた時に思ったものです。
(まあ、今更公開しても仕方がないですけどねw」


ちなみに、こうした就職サイトの
使い方のコツとしては、1つのサイトではなく
複数のサイトを同時並行して利用することです。

理由としては、紹介される企業の質や、
サイトに登録した後にあなたに付く
専属のキャリアコンサルタントの方との相性が
人それぞれによってかなり変わってくるからです。

例えば僕は、一番最後にあげた
「ウズキャリ第二新卒」にはじめに登録したのですが、
そこのキャリアコンサルタントの方との相性は
正直、う〜んといった感じでした。

その一方で、僕が入った会社の先輩の中には、
このウズキャリ第二新卒を通して入社された方が
4名ほど在籍されています。


ですので、
まずはこうした就職サイトに
片っ端から登録してみる。

そして、その後で自分にあったサイトを
見つけていく
という流れが
これから就職したいという
既卒者のあなたにはオススメです。


こうした事を知っていれば、
「既卒者の就職=厳しい」
なんて事を思う必要はなくなりますよ。




・いい就職.comのページはこちら

・ジェイック(JAIC)のページはこちら

・第二新卒エージェントneoのページはこちら

・ハタラクティブのページはこちら

・ウズキャリ第二新卒のページはこちら


それでも心配なあなたへ


ただ、こうした就職サイトを
利用する以前に、いろいろな心配事を
叶えている方も少なくないと思います。


例えば、僕のようにニート期間があるため
人や社会と関わっていなかった事を
気に病む方もいるかもしれませんね。

こうした社会との接点がない事から
「既卒の就職=厳しい」と感じている方も
比較的多くいるのではないでしょうか?


確かに、就職活動、特に面接では
一定のコミュニケーション能力が求められるため
長期間、人や社会との関わりがなかった方には
ハードルが高い事も否定はできません。

そんなあなたにオススメなのは、
まずは、1日でもバイトをしてみて
少しずつ、人や社会との接点を
取り戻していくことです。


その際使って欲しいのが
ショットワークス」というサイトです。

bn_lpOneday290x100_1205



この「ショットワークス」というサイトは
1日だけのバイトや単発バイトの求人を
多く紹介している
サイトとして有名です。

1日だけのバイトであれば、
人や社会との関わりから遠ざかった方でも
比較的はじめやすいんじゃないかと思います。

こうした1日だけの単発バイトは
人間関係のわずらわしさが無いことは勿論、
「働けた」「自分の力でお金を稼げた」
といった事を難なく経験できるのが特徴。


ですので、かつての僕と同じニートの方や、
人や社会と関わりが無いことで
悩んでいる方にはかなりオススメです。


バイトでお金を稼げれば、
その分を就職活動にあてられるのも
嬉しいところですよね。


>ショットワークスへの登録はこちら


既卒就職の厳しさを少しでも和らげたいあなたへ


また、就職活動中の既卒者の中には

・履歴書や自己PRの書き方がよくわからない…
・面接で落とされてばかり。通過するコツが知りたい!

こういった事が引っかかって、
既卒就職に厳しさを感じている方も
もしかしたら居るかもしれませんね。


僕自身、新卒で就職活動を行っていたので
履歴書や自己PRの書き方、面接対策については
ある程度は分かってはいました。

とは言え、忘れていた部分も多く、
特に面接対策については、僕自身
コミュニケーション能力に自信がないこともあって
少なからず不安を感じていました。


そこで、僕が利用したサービスが
ジェイック(JAIC)という就職サイトが
運営している「営業カレッジ」というサービスです。




このジェイック営業カレッジは、
履歴書、自己PRの書き方や面接対策、
敬語やビジネスマナーの使い方はもちろん、
「社会人として大切にすべき事は何なのか」
といった根本的な部分を、2週間の研修を通して
初歩の初歩から教えてくれるサービスです。


サービスを受ける際の料金は無料!

※説明会に参加すれば2000円の
 クオカードをくれるので、マイナスどころか
 むしろプラスになる感じです。笑


ただ、このジェイック営業カレッジは
生易しいものではなく、どちらかと言えば
体育会系の厳しいところではあります。

(参加者には体育会系の人はそこまでおらず
どちらかと言えば、会社がそんな感じです)

とは言え、
こうした厳しい研修を乗り越えれば
「既卒の就職=厳しい」という固定観念は
あっという間になくなるとは思いますよ。


僕自信、ジェイック(JAIC)から紹介された
企業へ就職した訳ではないのですが、
この営業カレッジで学んだ知識、心構えは
第一志望の企業から内定をいただいた際に
非常に役に立ったと心底思っています。


生半可な気持ちで参加すると、
後々、痛い目を見ることになる
ジェイック営業カレッジですが、

「既卒だけどどうしても就職したい!」
「その為の心構えはもうできてるよ」

と言うことをあなたが考えているのであれば、
一度、参加を検討されるのもいいかもしれませんね。


>ジェイック営業カレッジへの登録はこちら


この記事のまとめ


既卒の就職でぜひとも使いたいのは、
既卒者専門の以下の就職サイト。

・いい就職.com
・ジェイック(JAIC)
・ハタラクティブ
・第二新卒エージェントneo
・ウズキャリ第二新卒


ただ、人によっては
いきなり就職活動をはじめるよりも
まずは単発のバイトから初めて
社会との接点を増やすのもいい。
→この場合はショットワークスというサイトがオススメ。


就職活動で必要になってくる
履歴書の書き方や面接対策のコツを
知りたい、学びたいのであれば、
ジェイック営業カレッジがオススメ。


以上となります。

ここで紹介したサービスを上手く使えば
「既卒の就職=厳しい」と思う必要は
もう二度とありませんよ!


最後までご覧いただき、ありがとうございました。

27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ