s_syukatsu_naitei_no_man

こんにちは。まさてぃんです。


僕は新卒での就職活動に失敗し、
2年程のニート期間を経験しました。


しかし、27歳のときに意を決して
就職活動を再開する事を決意し、
紆余曲折を経て、何とか第一志望の企業の
内定を勝ち取ることが出来ました。


当ブログでは、そんな僕の経験から
20代の既卒ニートが就職活動で
内定を勝ち取る方法を綴っています。


この記事は、
既卒2年目での就活は厳しい!?
というテーマについて、
僕の経験談を交えてまとめてみました。


特に、既卒就活において
絶対に知っておいて欲しい
「年齢の壁」のパートについては
一度は目を通しておいてくださいね。

(知らないと後々後悔するかもしれないので…)

既卒2年目での就活は厳しいのか?


既卒2年目での就職は厳しいのか。

これについては「人それぞれ」としか
言いようがないのではと、
個人的には思っています。


例えば僕は、大学卒業後の1年後、
すなわち既卒2年目で就職活動をはじめ、
何とか内定を獲得することに成功してますし、

僕がコチラの研修で出会った友達も、
既卒の状態で就職活動をスタートし、
内定を獲得している人もいます。


しかし、既卒も2年目となると
1年目であるライバルとは異なり、
内定を貰える確率が減少することは
ほぼ間違いない
と思います。


面接する企業の立場から見れば、

この子は1年の空白期間があるけど
その間に一体何をしてた訳?
人生や社会なめてるんじゃね?


と思うのはごく自然でしょう。


1年間の長期留学に行ってたとか、
公務員試験や資格試験の勉強をしてたなどの
理由を説明できれば別かもしれませんが、

なーんにも考えずにフリーターしてました!

という場合は、今までの自分を反省して
気持ちを切り替えて就職活動に臨むしか
方法はないのではないでしょうか。


とは言え、既卒2年目という事は、
年齢はおそらく24〜25歳前後のはず。

この年齢であれば、(簡単ではないですが)
まだ正社員として就職することは
十分可能
だと思いますよ。


僕が就活の研修で知り合った友人の多くは
この位の年齢の人が大多数でしたが、
結果としては、彼らのうちほぼ全てが
最低でも1社からの内定を獲得してました。
(中には5社から貰った人も…)

また、冒頭でも述べましたが
僕自身も27歳という年齢で
第一志望の企業から内定を頂いています。



ですので、既卒2年目だからといって、
就職できないとか、人生詰んだとか
そういう事を考えるのは、まだ早いです。

諦めなければ、必ず方法はありますよ。


既卒2年目の就活生は「年齢の壁」に要注意!


さて、ここまではありきたりな話で
本当に大切なのはここからです。

あなたは既卒やフリーター、
第二新卒の就職活動における
年齢の壁」という言葉について
どこかで聞いたことはありませんか?



この「年齢の壁」とは、文字通り
年齢が上がるにつれて求人数が
減少していく事を示した言葉
なのですが、

もしあなたが既卒2年目の就活生であれば、
以下の事実は、必ず知っておいて下さい。


25歳を過ぎると求人数は大きく減少する


そうなのです。


25歳という年齢は、23歳、24歳と比べ
求人数が大きく下がる年齢だと
既卒就活マーケットでは言われているのです。


図にするとこんな感じでしょうか。


スクリーンショット 2015-08-18 10.39.17



この図についてもう少し詳しく説明すると、
25歳、27歳、そして30歳の3つの年齢は
求人数が急激に減少する年齢
という現実をあらわしているという事になります。


あなたがもし四年制大学を卒業し、
かつ「既卒2年目」という状態であれば
年齢はおそらく24歳〜25歳辺りだと思います。


なので、もしあなたが24歳であれば
出来るだけ早く内定を獲得しておかないと
今後の正社員になるための就職活動が
かなり難しくなる事が予想されますし、

また、既に25歳になっているのであれば、
時が経つにつれ、内定がより厳しくなると
予想されるのは言うまでもありません。


もっとも、語学やプログラミングなどの
何かしらのスキルを持ってる場合であれば
この事例が当てはまる可能性は減るでしょう。

また、何のスキルも持ってない27歳の僕でも
正社員として内定を獲得している
ので、
既卒就活生の誰もが、この「年齢の壁」に
当てはまる訳ではない事も補足はしておきます。


結局はその人次第

少々強引ではありますが、
これも1つの事実ではあると思います。


とは言え、あなたが既卒2年目であれば
この「年齢の壁」については、
必ず知っておいた方がいいとは思いますよ。


もし企業の面接官から


◯◯さんの履歴書には1年の空白期間があるけど
その間に一体何をしてた訳?
人生や社会なめてるんじゃね?



みたいな事を言われたとしても、


はい。●●さんのおっしゃる通り、
私は今まで、自分の人生について考える事が
決定的に不足してましたし、
年齢が上がるにつれ求人数が減少する事についても
考えが及んでいませんでした。

「社会をなめている」と言われても、
全くその通りだったと心から思っています。

しかし、今では過去の自分の行動について
心から反省してますし、今では正社員として
内定を獲得するために、心を入れ替えて
何がなんでも内定を獲得する位の気持ちで
全力で就職活動に取り組んでいます!



といったような事を
”心の底から”言えるようになる訳です。


企業の面接官も、今まで何人もの学生を
見てこられた方でしょうし、

就活生が発する言葉が上辺のものなのか、
それとも心の底から言っている事なのかも
ほぼ間違いなくきちんと見抜くはず。

こうした、自分の非や欠点を認めた上で
かつ、現在ではそれを克服するために
様々な努力をしている
事を話すと
面接官によっては、あなたに好印象を
抱く方も少なからずいらっしゃいます。



話が少し脱線してしまいましたが、
あなたがもし既卒2年目の就活生であれば
なるべく早い段階で内定を獲得する事を
意識していった方がいいじゃないかと思います。

ちなみに、既卒の就活生であれば
この記事で紹介したサイトが
かなり役立ちますので、
一度見てみることをオススメします。


では、今回はこの辺りで失礼します。

最後までご覧いただき、
ありがとうございました!

27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ