s_archery-660632_640

こんにちは。まさてぃんです。


僕は新卒での就職活動に失敗し、
2年程のニート期間を経験しました。


しかし、27歳のときに意を決して
就職活動を再開する事を決意し、
紆余曲折を経て、何とか第一志望の企業の
内定を勝ち取ることが出来ました。


当ブログでは、そんな僕の経験から
20代の既卒ニートが就職活動で
内定を勝ち取る方法を綴っています。


この記事は、
既卒が就職活動を行う場合の問い合わせ先
というテーマについて解説していきます。

一度既卒になってしまうと、
大学の就職課や友達との情報交換する機会が
一気になくなってしまう
ので、この先、
どうやって就職活動を進めていけばいいのか
分からなくなる方もいるのではないでしょうか。


そんな既卒者が就職活動を進める際に
一体どこへ問い合わせればいいのかについて
4つの選択肢を提示してみました。

その1:ハローワークへ問い合わせる


まず1つ目の選択肢としては、
ハローワークへ問い合わせるというものが挙げられます。


まずは、あなたが住んでいる地域に
ハローワークがないか検索してみましょう。

東京都 ハローワーク
といった言葉で一度ググってみて下さい。


するとこういった検索結果が表示されます。


スクリーンショット 2015-12-20 9.09.47


この施設は、基本的に
日本全国どこでもあるので、
まずは一度、最寄りのハローワークを訪れて
既卒が就職活動を進めていく上で必要な情報を
入手してみるのもいいかもしれませんね。


また、最近では
「ハローワーク」という名称ではなく
ジョブカフェ」「サポステ」といった名称の
国が運営する就活支援サービスも増えてきている
ので
そちらの方へ問い合わせるのもいいかもしれません。


その2:既卒可の求人情報サイトを利用する


2つ目の選択肢としては、
既卒に的を絞った求人情報サイト
利用するというものがあげられます。


Re就活

既卒Navi

リクナビ既卒版ダイレクト


例えばこういったサイトですね。


新卒時にマイナビやリクナビを使って
就職活動を進めていた方がいれば、
それらの既卒版、と考えてもいいと思います。


また、こうした既卒に特化した
求人情報サイトの運営会社の中には
既卒に特化した合同説明会を
開催しているところもあります。


僕自身は、こうした
既卒向けの合同説明会への参加は
経験したことはないのですが、
まずは就職活動の雰囲気を掴んでおきたい
という方には悪くはないイベントかもしれません。


他にも、大学や専門学校を卒業したばかりで
新卒時に使っていたナビサイトの感覚が
まだ残っている方は、こうした求人情報サイトは
比較的使いやすいと思いますよ。


その3:大学や専門学校の就職課へ問い合わせる


3つ目の選択肢は、かつて在籍していた
大学や専門学校の就職課へ問い合わせ
既卒OKな企業を紹介してもらうものです。

これも「その2」と同様、
既卒1年目など、
大学を卒業して間もない方であれば
実行してもいい選択肢
かもしれませんね。


ただ、友達や後輩が在籍している場合、
既卒者として大学に足を踏み入れるのって
抵抗がある方も多い
んじゃいかなって思います。
(少なくとも僕はそうでした汗)


こうした面に抵抗がない方や、
通っていた大学や専門学校の就職課に
あなたが信頼している職員さんがいる場合は
就職課へ問い合わせるのはいい選択肢だと思いますよ。


その4:既卒に特化した就活エージェントへ問い合わせる


最後に紹介するのが、
既卒に特化した就活エージェントへ
問い合わせるという選択肢です。


いい就職.com

ハタラクティブ

ウズキャリ第二新卒

ジェイック

第二新卒エージェントneo


例えばこういったサイトですね。


ちなみに僕自身も、
こうした就活エージェントをフルに活用して
27歳という年齢のハンデを跳ね除けて
内定を勝ち取ることに成功しています。



こうした就活エージェントのいい所は、
あなた専属の就活コンサルタントが
内定を獲得するまで、しかも無料で
履歴書の添削や面接の練習などを
サポートしてくれるという点です。


無料!?後でぼったくられるんじゃないの?

と思うかもしれませんが、
こうした就活エージェントは
紹介先の企業からお金を貰っているため、
僕たちはお金を払うことなく
利用できるという仕組みになっています。


また、専属の就活コンサルタントと
何度も面談を重ねることによって、
あなたに合った企業を紹介してくれるのも
こうしたエージェントのいいところです。


実際に、僕の今の職場でも
これらの既卒に特化した就活エージェント経由で
入社された方がかなり多く在籍されています。
(10名ほど、全体の3分の1がそんな感じです)



他にも、こうした就活サイトを利用すれば
内定を勝ち取るまでに必要な時間を
かなり短縮できる
のもいいところ。


僕の場合は、
こうした就活エージェントを利用して
たったの2ヶ月で、第一志望の企業へ
内定を勝ち取ることに成功しています。



その点、
2つ目で紹介した既卒可の求人サイトは
情報があまりにも多すぎるので


どの企業を応募しようかな…
…って考えてるうちに時間ロスしてるじゃん!!



なんて事態になってしまいがちです。
(僕もそんな経験をした事があります)



既卒が就職活動を進めていく上で
どこに問い合わせれるべきかについては
案外、いろいろな選択肢があるものです。


ただ、個人的には最後に紹介した、
既卒に特化した就活エージェントへ
問い合わせるのがオススメだったりします。


・専属の就活コンサルタントによる様々なサポート
・履歴書の添削や面接対策のサービスが無料で受けられる
・内定を勝ち取る期間が早い(2ヶ月程度もありえる)



理由としてはこんなところでしょうか。



ちなみに、以下のページでは
こうした既卒に特化した就活エージェントについて
より詳しく書いているので、
一度、ご覧になってみて下さいね。


※参照:既卒向け就職サイトのまとめ


以上で、
「既卒が就職活動を行う場合の問い合わせ先」
というテーマについて解説してきました。


最後まで見ていただき、
ありがとうございました!

27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ