既卒」「第二新卒

この2つの言葉を聞いたことはありますか?


言葉からなんとなく意味は分かっても
それを正確に説明できるかというと
自信がない人は少なくないと思います。


ニートとは一体何が違うのでしょう。



この記事では、既卒、第二新卒の意味と
ニートとの違いについて解説しています。


あなたがもし、
自分のことをニートだと思ってるのであれば、
既卒や第二新卒のどちらかに
もしかしたら該当しているかもしれません。


また、既卒や第二新卒でも利用できる
就活エージェントについても
最後でご紹介します。

既卒の意味と、ニートとの違いは?


既卒とは、一体どんな人を指しているのでしょうか。


就職活動における既卒(者)という言葉は、
大学や短大、専門学校などを卒業したにも関わらず、
一度も正社員として働いたことがない、
就職したことがない人のこと
を指しています。



一方、「ニート」という言葉ですが、
15歳〜34歳までの、家事や通学、就業もせず
なおかつ職業訓練も受けていない人のこと
を意味しています。



要は、既卒に当てはまる人であっても、
家事手伝いや資格試験の勉強をしていたり、
あるいはアルバイトをしてる場合は
「ニート」には当てはまらない事になります。


なので、僕は「ニート」でありつつも、
一応大学は卒業しているので
「既卒」にも該当される事になるんですよね。



なお、これは
キャリアコンサルタントの方から聞いた話ですが、
既卒は就職する際、
中途採用枠となることが多いのだとか。


中途採用枠となれば経験者と戦わなければなりませんが、
経験者は業界や職種にこだわるという傾向がありますので、
既卒者はある程度業界や職種にこだわらずに
就職活動を行ったほうが有利に進められるかもしれません。



まあ、要はどんどん応募しろ!という事になりますね。



個人的にも、こういう事を言われると
かなり気が重くなるのですが、
仕方ないとしか言いようがないのが辛いです(>_<)


ただ、一部の企業には「既卒」を
「第二新卒」に含めてしまうところがあります。



こうした企業は、職業経験の有無を問わず、
25歳以下の若い人材を採用したいと
考えている所が多いみたいです。



僕はもう27歳なので、
こうした企業への応募はなかなか難しく、
現段階では、思うような結果を出せていません。


ただ少なくとも、
就活中のニートが企業を見る際には、
「既卒」や「第二新卒」という言葉にも
注目しておいた方がいいと思います。


第二新卒の意味と、ニートとの違いは?


では、この「第二新卒」とは
一体どのような人達を指す言葉なのでしょうか。


第二新卒の一般的な意味ですが、
>大学・短大・専門学校のいずれかの学校を
卒業した後、一旦は就職したものの、
何らかの理由で数年以内に離職してしまった事から、
転職活動を行う若手求職者のこと
を指しています。
(3年未満が一般的とされています)



既卒と第二新卒の違いですが、
既卒が正社員としての就業経験がないのに対し、
第二新卒の方は正社員経験がある
という事でしょうか。


僕自身、正社員経験は一度もないので、
第二新卒には該当しない事になります。



あなたはどちらでしょうか。


一度正社員として就職したけど、
まわりとの人間関係が上手くいかなかった等の理由で
辞めた場合は、第二新卒という事になりますね。



また、第二新卒は
転職活動を行う若手求職者」のことを指しているので、

ニートの定義である
家事や通学、就業もせず、職業訓練も受けていない
とは、ほぼ被らないのかなという印象を受けます。


「ニートで既卒」の可能性はありますが、
「ニートで第二新卒」という人は
少なくとも言葉の意味を考えるのであれば
いないと言えそうですね。


既卒と第二新卒の就活は楽になっている?


話は変わりますが、ここ最近、
第二新卒や既卒の採用に力を入れている
企業が増加している
ようです。


理由としては、入社後のミスマッチによる
新卒社員の早期離職が増加している事や、
そもそも新卒の学生が全く採用できないなど、
新卒採用が上手くいかなくなってる点があるようです。



他にも、若手であることから、

新しいことへの適応力
素直で指導しやすい」、
短期間で戦力になりやすい

などといった期待もあるようです。



また、第二新卒の場合だと新卒者と異なり、
社会人のマナーなどの最低限の教育を
前職で受けているケースが多いため、
入社後の教育コストが削減できる面を
期待している所もある
のだとか。



他にも、新卒採用の年齢制限を
緩やかにしている企業も現れてきています。



最近では、
リクルートやavexなどの大手企業が
29歳未満でも新卒OK!
という事を行って話題になりました。


こうした事を踏まえると、少なくとも一昔前よりは
既卒や第二新卒の就職活動も
大分楽になっている面はあると思います。



また、既卒や第二新卒専門の
就活エージェントのサービスも
以前より大分充実してきたようです。


例えばこのような会社がありますね。


いい就職.com

ハタラクティブ

第二新卒ナビ

ジェイック



この中で僕が一番オススメするのが
一番上の「いい就職.com」です。


実際に利用してみた体験記も書いてるので
よかったらあわせて読んでみて下さい。


いい就職.comってどんなサービス?



このサイトを見てる人は、僕と同じ
20代後半のニートの方が多いとは思いますが、
こうしたニュースを聞くと、
まだまだ諦めたものじゃないと思いますよね。


決して時間に余裕がある訳ではないですが、
それでもまだまだチャンスはあるのは間違いないです。


何としてでも内定を取るんだ!
という決意を持って、不採用通知に負けず、
一つずつ、確実に進んでいきたいですね。

27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ