s_JSC______1c


こんにちは。まさてぃんです。


ここ数日は、ジェイック(JAIC)が主催する
営業カレッジに参加しており
その過程で、色々な経験をする事が出来ました。


内定を貰える日も近そうです。



そこで今回、この記事で取り上げるのは
ジェイック営業カレッジの紹介企業
についてです。


ジェイック(JAIC)が一体、
どのような企業を紹介してくれるのかについて
気になっている方は多いのではないでしょうか。



営業カレッジに実際に参加した僕が
ジェイックが紹介してくれる企業について
分かりやすくまとめてみました。


※追記:2019年7月2日
ジェイックが主催する「営業カレッジ」ですが、
現在では「就職カレッジ」という名称に変更されています。

ビジネスマナーについての研修は引き続き行っているそうですが、
期間は2週間→1週間に短縮。
以前は「飛び込み営業」を行っていた事でも有名でしたが、
現在ではこれは行っておらず、「飛び込み実習」といった形で
企業にアンケート調査に協力してもらうといった形になっています。

「飛び込み営業やるのは抵抗あるな…」
といった方にとっては、
心の負担はかなり減ると思うので、
前と比べると参加のハードルは低くなってると思いますよ。

>>ジェイックの詳細をまずチェックしてみる<<


ジェイック(JAIC)営業カレッジの紹介企業は?


ジェイック(JAIC)営業カレッジの紹介企業は、
一体、どのような所なのでしょうか。


これについては、
参加する会場や月日で違いが見られるのでしょうが、
僕が参加した期は以下の通りでした。



まずは企業数から。



・紹介企業数:26社
・集団面接参加企業数:22社





参加企業の特徴を挙げてみます。



・不動産仲介
・ITシステム開発
・ウォーターサーバー
・車の部品を扱う商社
・半導体商社
・古紙回収
・太陽光発電のセールス
・携帯電話ショップの店員
・注文住宅の営業
・ベンチャー企業に特化したオフィス仲介
・サービスエリア経営
・塗装
・機械設計
・製品ラベルの作成
・電子部品の専門商社
・不動産賃料引き下げのコンサルティング会社
・車のホイールのメーカー
・船の操舵システムのメーカー
・スマートフォン
・化学メーカー
・大手企業の倉庫を扱う商社
・会計事務所に特化したコンサルティング会社
・家庭用医療機器のメーカー
・法人向けのメールシステムの営業
・情報セキュリティコンサルティング


ザッとこんな感じでしょうか。



こうした企業の中には、毎回、
ジェイック(JAIC)の集団面接会を活用して
営業マンの採用を目指している所もあるようです。
(初参加のところが多かった気がしますが)


募集職種については、営業職が中心ですが、
SEを募集してる所も少なからずありました。



その一方で、こうして見てみると、
案外簡単に面接に進めるんじゃん!?
と思われる方もいるかもしれませんが、

この中で個別面接に進めるのは、
ジェイック(JAIC)の社員さんいわく、
一人平均3〜4社なのだとか。
(僕は3社でした)


これについては、
その人次第な面もあるのでしょうが、
少なくとも僕が参加した期のメンバーでは
多くて5社という感じでしたね。



営業カレッジの説明会で解説されていた事は?


ちなみに、ジェイック(JAIC)から
企業を紹介してもらう為には、
営業カレッジを修了する必要があります。


営業カレッジの詳細については、
このブログでもある程度は解説していますが、
まずは、ジェイック(JAIC)が主催する説明会に
参加するのがいいと、個人的には思います。



・参照:ジェイック営業カレッジの説明会に参加した体験記を紹介


営業カレッジの説明会の詳細については、
とりあえず、上の記事を見て下さい。



ちなみに、この説明会では、
ジェイック(JAIC)の社員さんが
紹介企業の基準
と言ったものを話して下さいました。



それがこちら。



①共感できるミッション、ビジョンを持っている
②独自の強みを持ち、経営基盤が安定している
③愛情を持って社員を教育している
④経営者、幹部、管理者が勉強熱心
⑤誠実で真摯



個人的な感想としては、さすがに、
全ての企業がこの5つの条件に
合致しているとは思えないものの、

僕が実際に個別面接に伺った3社は
こうした事を意識されてるのかな?と
思える所でした。


少なくとも、ジェイック(JAIC)側には
悪意を持って、嘘偽りを述べてやろう!
という意識は無いと感じましたね。



また、説明会では
具体的にどのような業界を紹介するのか
と言ったことにも言及がなされていました。


・メーカー、商社が中心
・IT、広告、建設、不動産、医療機器、人材
・離職率が高い業界は紹介しない
(アミューズメント、飲食、保険、金融、投資用不動産など)


この3つが基準になっているようです。



上と比較してみて下さい。



何となく、合致してると思いませんか?



少なくとも、営業カレッジの説明会では
参加者に都合のいい条件を吹っかけて、
後で現実を見せる
」と言った事は行ってないと、
実際に営業カレッジを修了して感じた次第です。


→ジェイック営業カレッジの説明会の予約はコチラ


説明会にも定員があるようなので、
試しに参加してみるのもいいかもしれないですね!

27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ