-shared-img-thumb-OOK151013470I9A0167_TP_V

せっかく入社した会社をやむを得ない事情で
短期離職された大卒の方が、転職で成功するには
一体どうすればいいのでしょうか。

退職理由を上手に説明する方法や、
転職に成功するにはどうすればいいかなど、
様々な不安定に襲われる事も少なく無いと思います。


そこで、やむを得ない事情で短期離職した大卒が
転職に成功する際の秘訣を以下でまとめてみました。

短期離職した大卒でも転職で成功できる!


短期離職した大卒でも転職で成功できるのか。


ご安心下さい。


一度入社した会社を短期間で退職してしまった
いわゆる「第二新卒」の採用への需要は、
ここ数年、多くの企業で高まっています。


新卒が採れなかった中小企業が中心ですが、
中には、三井住友銀行やSONY、avexなどの大企業も
短期離職した大卒の応募を受け付けているなど、
第二新卒の転職は昔より成功しやすくなっています。


少なくとも、
短期離職=ブラック企業への入社
という訳では決してないので、
この点はどうかご安心下さい。


僕が就職活動で知り合った知人にも、
大卒後入社企業をわずか3ヶ月で退職している
偏差値50の大学を卒業した短期離職者がいるのですが、
その彼の場合、その後の転職活動で6社から内定を獲得し、
自分が最も行きたかった企業への入社に成功しています。


なお、短期離職した大卒の方が転職で成功するには、
いわゆる第二新卒に特化した就職エージェントを
上手く活用する事がポイントになってきます。

僕の知人も、こちらの記事で紹介している
就職エージェントを上手く活用して、
今の勤め先への転職に成功しています。


あなたが第二新卒に特化した就職サイトの存在を
たった今、初めて知った場合であれば、
まずは上の青いリンクをクリックして、
その詳しい内容を確認してみて下さい。

退職理由を上手く説明することが転職成功のカギ


ただし、
いくら第二新卒への採用熱が高まっていると言っても、
短期離職した大卒の転職は決して楽な道ではありません。


誰もが転職で成功する、とは思わない方がいいでしょう。


特に、履歴書や面接の際は、
前職の退職理由を上手く説明できないと、
「この人は再び辞めてしまうのではないか? 」と、
応募先の企業の人事担当者に疑われる可能性があります。


ここで大切なのは、退職理由がどのようなものであれ、
今後あなたが応募する企業の担当者の方に、
この人は定着してくれそうだ
といった印象を抱いてもらう事です。

少なくとも、前職への未練や恨み辛みばかり言うと、
人事担当者から印象は悪くなるばかりです。


その一方で、企業側も第二新卒を採用している以上、
短期離職をした大卒にある程度は寛容なはずです。


退職理由を上手く説明する方法としては、
短期離職に至った背景やその反省点、
採用先の企業で働く上で心がけたい点を
面接官に納得するように説明する事が挙げられます。


これらの退職理由の説明を上手くこなせば、
転職活動で成功する確率は格段に上がると思いますよ。

繰り返し2度も短期離職をしないための注意点


また、第二新卒として転職に成功したとしても、
肝心の入社先の企業がブラック企業であったり、
あるいは自分と相性が悪いといった理由などで
短期離職を繰り返さないように注意して下さい。


大卒の方でも、さすがに短期離職を2度行ってしまうと、
今後の転職での成功は非常に困難になってしまいます。


ですので、短期離職した大卒が転職活動を行う際は、
ご自身の企業を選ぶ基準をハッキリさせる事も重要です。

自分に合った企業に入社して活躍する事によって、
はじめて転職で成功したと言ってもいいかもしれません。


転職先の企業選びで特にチェックしたいポイントとしては、

・これから成長する企業か、それとも既に成熟した企業か
・その会社の雰囲気は自分に合っているか
・休日や福利厚生はどの程度充実しているか


こういった点が挙げられます。


一番下の休日や福利厚生は質問しにくい印象がありますが、
短期離職した大卒でも利用可能な就職エージェントを利用すると、
こうした疑問にも答えてくれる可能性があります。

最近では、第二新卒でも利用可能な
就職エージェントの数も増えてきており、
短期離職した大卒でも再チャレンジできる環境が
2000年代に比べて、随分整ってきました。



以下のページでは、僕が利用したエージェントの中で
短期離職した大卒でも利用可能なサイトをまとめています。

>>短期離職した大卒でも使える就職サイトまとめ<<


転職活動に成功したければ、一度のぞいてみて下さい。

この記事のまとめ


短期離職した大卒の転職活動の成功の秘訣について、
出来るだけわかりやすくご紹介してきました。


ポイントとしては、

・短期離職した大卒でも転職で成功することは可能
・第二新卒に特化したエージェントを使うのがカギ
・退職理由を上手く説明出来るかがポイント
・企業選びの基準もハッキリさせるべき
・2度目の短期離職は絶対に避ける


この5つでしょうか。


最近では企業の大卒の短期離職者に対する姿勢も
2000年代に比べて随分と寛容になってきてますし、
第二新卒に特化した就職サイトの数も増えてきています。

ですので、やむを得ない事情で短期離職をしても、
諦めなければ転職活動で成功する事は可能です。


以下の就職サイトも見てみて下さい。
(おすすめは「いい就職.com」というサイトです)

27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ