calculator-424564_640

会計士試験で結果が出せずに挫折してしまい、
気付けば年齢も20代後半になってしまった…。


こうした「会計士崩れ」でも、民間企業へ
就職する事は出来るのでしょうか?


このテーマについて、
会計士崩れの友人の体験談を踏まえながら、
会計士に挫折した20代後半からの就職活動について
以下の記事で考えてみたいと思います。

最低でも20代後半のうちに実務経験を積んでおこう


僕の友人に、会計士試験に挫折した
いわゆる「会計士崩れ」の人がいるのですが、
彼いわく、会計士試験挫折者は20代のうちに
実務経験を積んでおいた方がいい
そうです。


彼いわく、周りの会計士試験の挫折者を見ていると、
20代のうちに民間企業へ就職する事が出来れば、
実務経験やビジネスマナーを身に付ける事は可能なのですが、

年齢が30代になると就職が困難になるのは勿論のこと、
社会常識が欠落して、同僚との関係が上手く築けず、
数ヶ月働いて辞めてしまう人がかなり多いそうなのです。


実際、僕自身も2年間のニート生活を経験した後、
既卒者として就職活動を行い、27歳という年齢で
はじめて今の勤め先に就職した経験があるのですが、

社会常識やビジネスマナーを身に付ける事について
色々と怒られるなど、かなり苦労した記録があります。


資格試験の勉強ばかりしていると、
コミュニケーション能力が著しく低下するのだとか・・・


最低でも20代後半のうちに実務経験を積んでおく
という視点は、会計士崩れである友人の体験談、
そして、僕自身の経験からもその通りだと思います。

会計士試験挫折者は経理職への就職は可能なのか?


会計士試験に挫折して民間企業への就職活動を行う場合、
誰もが一度は気になるのが、

経理職へ就職する事は可能なのか

という点だと思います。


これについては、会計士試験の勉強中に、
簿記1級や税理士試験、短答式試験へ合格しているかが
非常に大きなカギを握っているのだとか。


友人の20代後半で就職した会計士崩れの話によると、
会計士試験の予備校に通っている人の場合、
会計事務所への就職の斡旋をしてくれる場合が
少なからずあるらしいのですが、

その条件が、短答式試験に合格している事や、
税理士試験の簿記論、財務諸表論の合格者のみなど、
誰もが資格予備校経由で就職できる訳ではないそうです。


会計士崩れの友人の場合、
こうした合格実績が無かった事もあって、
やむを得ず民間の就職サイトを利用して
今の勤め先から内定を獲得したのだとか。

ただ、会計士試験で学んだ内容を
今後のキャリアに活かしたい気持ちはあるようで、
実務経験を積みながら、経理職への転職を
今後しっかりと考えていきたいそうです。


実際、かつて会計士崩れだった人がキャリアを積み、
30代で財閥系企業の経理職へ転職した事例もあるため、
会計士試験で学んだ内容を実務経験で活かす場面は、
諦めなければ見つかる可能性は十分あるようです。

会計士試験に挫折した20代後半でも就職できる方法


では、
会計士試験に挫折した20代後半の会計士崩れが
民間企業に就職するにはどうすればいいのでしょうか。


これについては、以下の3つの方法があると思います。

・ハローワークを活用する
・フリーター、派遣社員から正社員登用を狙う
・就職エージェントを活用する



この中で最もオススメなの方法は、1番下の
20代後半でも使える就職エージェントを活用して
就職できる企業を紹介してもらう選択肢です。

なぜなら、彼も僕も共に27歳という年齢から
こうした就職サイトを活用してそれぞれの勤め先から
内定を獲得する事が出来ているからです。



また、こうした就職サイトを使うメリットとして、
履歴書の作成や面接対策、基本的なビジネスマナーを
完全に無料で教えてもらえるといった点や、

専任キャリアアドバイザーが就職活動の過程で
様々なサポートをしてくれる点が挙げられます。


その一方で、
ハローワークは相談員の方が横柄だったり、
フリーターなどからの正社員登用に関しては、
全ての企業がこの制度を導入しているとは限らないなど、
両者共に、不安定な部分があると思います。

※参照:既卒はハロワを使うな?ハローワークに頼らない就活法とは?


ただ、僕や会計士崩れの友人が活用した就職サイトは、
30代になると使えなくなるデメリットも存在します。


とは言え、この記事を見て下さってるあなたの年齢は
おそらく20代半ば〜20代後半ではないかと思うので、
以下の記事に掲載されている就職サイトは
今の段階であれば利用する事は可能です。

※参照:20代後半でも利用できる就職サイトまとめ


こうした就職サイトを複数上手に活用すれば、
会計士試験に挫折した会計士崩れであっても、
民間企業へ就職する事はまだ可能です。

僕や友人が27歳で初めて週した事例もありますので、
一度、こうした就職サイトを利用してみて、
民間への就職を検討されるのもいいかもしれませんね。

27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ