s_african-american-869673_640


こんにちは。まさてぃんです。


僕は新卒での就職活動に失敗し、
2年程のニート期間を経験しました。


しかし、27歳のときに意を決して
就職活動を再開する事を決意し、
紆余曲折を経て、何とか第一志望の企業の
内定を勝ち取ることが出来ました。


当ブログでは、そんな僕の経験から
20代後半の既卒ニートが就職活動で
内定を勝ち取る方法を綴っています。


今回は
就職したいニートはどうすればいいのか
というテーマについて、
かなり具体的に書いてみました。


僕がこれまでやってきた方法も含め、
かなり分かりやすく書いてみたので、
ぜひ一度、読んでみてください。


まずは就職活動に必要な情報を収集する


企業に就職したいのであれば、まずはじめに、
就職活動に必要な情報を集めることが先決になります。

僕は新卒で就職活動をしていた時に、
よく、「就活は情報戦」という言葉を
しばしば耳にしていたのですが、
新卒の時と同様、既卒就活であろうと、
情報収集が大切であることは同じです。


では、具体的にどのような情報を
集めていけばいいのかと言うと・・・


①業界について知る
(不動産、建設、メーカーなど)

②職種について知る
(営業、マーケティング、SEなど)

③自分の事を知る
(いわゆる自己分析のこと、将来のビジョンやキャリアプラン等を考える)

④ニートでも就職できそうな企業の情報を探す
(ハローワークや民間の就職サイトに登録して、足を運んでみる)

⑤履歴書の書き方のコツを理解する

⑥面接のコツを理解する

⑦最低限の礼儀、ビジネスマナーは理解しておく


この7つでしょうか。


細かく見ていけば、他にもたくさんやるべき事はあるのですが、
まずは、とりあえずこの7つに関する情報を
集めることから始めてみて下さい。


ちなみに↓↓の記事では、
このブログに掲載されている、
就職活動に必要な情報をまとめています。


>>就職活動に必要な情報をまとめてみた


興味があれば一度見てみてくださいね(^^)


ニートでも就職できそうな企業に接触する


就職活動に関する基本的なことを理解したら、
次は、ニートでも就職できそうな企業に接触する必要があります。


具体例には、以下の4つのどれかを行う事になります。


①ハローワークを利用する
②民間の就職サイトを利用する
③求人サイトを利用する
④通っていた学校の就職課を利用する




この中で、一番なじみがあると思うのは
上のハローワークだと思いますが、
個人的には上から2番目の
民間の就職サイトの利用がオススメです。


※参照:おすすめの就職サイトをまとめてみた


僕自身、こうした就職サイトを上手く活用して、
第一志望の企業から
内定をいただく事ができました。


ハローワークにも行ったのですが、
担当者の方の対応が、どうも好きになれず
一度行ったきりで終わり。

求人サイトは情報が多すぎて
どれを選べばいいのか考える時間が
もったいなくて、利用せず。

通っていた学校(大学)の就職課には
さすがに通いずらかったですね(苦笑)


一方、就職サイトの社員さんである
キャリアコンサルタントの方の対応は
ハローワークの方にに比べると
比較的いいものである事が多いです。

また、キャリアコンサルタントの方に
自分の性格、志向を話すことによって
一人一人に合った企業を紹介してくれるため
どの企業に応募すればいいか検討がつかない!
といった悩みに、時間をつぎこむ必要もありません。


ちなみに、こうした就職サイトですが
全て無料で利用できます。

就職サイトのキャリアコンサルタントの方に
相談するだけで、今後の方向性が
見えてくる事もあるので、
こうしたサイトを一度でも使ってみる価値は
十分あると思いますよ。


履歴書の書き方と面接対策


ニートでも就職できそうな企業を見つけたら、
次は、実際に企業へ応募する段階へ移っていきます。


この段階で、必要になってくるのが、
履歴書の書き方と面接対策です。



この履歴書の書き方と面接対策ですが、
特にニートの場合は、履歴書に空白期間があったり、
人とコミュニケーションを取るのが苦手だったりで、
非常に苦労する段階なのではと思います。

この段階で心折れてしまって、
ニートに逆戻りなるケースも
少なからずある気がします。


一方、上の方で紹介した就職サイトでは
履歴書の書き方や面接対策といった
企業から内定をもらうために
必要となるノウハウを教える講座が
しばしば開催されています。


僕自身も、民間の就職サイトが主催する
面接対策講座に参加したり、
専任のキャリアコンサルタントの方を
上手く活用して、何とか内定を勝ち取ることができました。


ですので、履歴書の書き方と面接対策を
しっかり行っていく為にも、2つ目で挙げた
民間の就職サイトの利用
オススメしているんですよね。

>>おすすめの就職サイトをまとめてみた


ただ、こうしたサービスを利用する前に、
まずは1つ目の就職活動に必要な情報
押さえる所から始めるのもいいでしょう。

>>就職活動に必要な情報をまとめてみた



この2つの記事を見た上で、
しっかりと行動を起こせば、
「就職したいけどどうすればいいの?」
という悩みは、間違いなく解決できますよ。


以上、「就職したいニートはどうすればいいのか
というテーマで解説してきました。


最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

27才既卒ニートが活用した就職サイト3選!

1位:いい就職.com


専任のキャリアコンサルタントによる親身なサポートが魅力的なサイトです。
僕自身も、このサイトから紹介された企業から内定を獲得することができました。

※内定獲得体験記はこちらいい就職.com

2位:ジェイック


既卒、ニートなどに特化した就活講座を、10年以上無料で提供しているサービスです。
この講座に参加して就活ノウハウ身に付け、僕は内定を勝ち取る事ができました。

※無料就活講座の内容はこちらジェイック

3位:ハタラクティブ


東京、神奈川、千葉、埼玉の一都三県、
および名古屋、福岡の求人に特化した、80.4%の内定率に定評のあるサイト。
首都圏にお住まいであれば、登録して内定獲得のチャンスを広げるのがオススメです。

※体験談と感想はこちらハタラクティブ